育毛剤ブログ

2020.05.04

髪の毛に良くない長時間パソコン作業

薄毛が本格的に進行し出した30代前半ごろからもう一つ悩みの種であったのが、頻繁な頭皮の凝りと眼精疲労でした。

パソコンを長時間目の前にしていると、1時間程経った頃から眉毛の上辺り、ちょうど生え際が位置している辺りが強烈に凝り出すと共に、目頭からおでこに掛けての部位がガチガチに緊張し、締め付けられる様な痛みに襲われるケースが増えたのです。

時をほぼ同じくして生え際辺りのボリュームも失われていきましたから、決して薄毛と無関係では無い筈。それからというもの、頻繁にデスクを離れマッサージを行ったり、給湯室でホットパックを作り目に当てたりしていましたが、効果はそう長続きせず、薄毛化の流れを止める事は出来ませんでした。

数年前にようやく事務の部署から離れられ、パソコンによる頭痛や凝り、眼精疲労も軽減したのですが、一旦ボリュームを無くした前頭部は復活せず、意識的に短く刈り込み、目立たないヘアスタイルにしています。

最近になって自宅のパソコンにブルーライト保護フィルムを張る様になり、こちらもかなり快適になったのですが、もう少し早く対策が立てられていたら髪の状態もまだ持ち堪えられていたかも知れません。

運動の意欲を削ぐ上に眼精疲労や血行不良まで引き起こし、時に陰鬱な気分にさせる長時間パソコン作業は、髪にとっても決して良くありません。

トラックバック

トラックバックURL:

Copyright (C) ikumouzai.cloud-line.com All Rights Reserved.